SDGsへの取組み

SDGs宣言

地球環境の調和とバランスの実現が私たちの使命です。

株式会社エコマスクは、経営理念である「資源の恵みを敬い、人の和に努め、事業の責務を誠実に全うする」ことを誓います。
「くりかえし活かそう限りある資源・産業と自然の調和」をモットーに、地球環境を守るために、すべての人や社会に対して責任ある行動をとります。国連が提唱したSDGs(持続可能な開発目標)を自ら取り組むべき課題として、企業行動につなげ、地域に根ざし必要とされる企業として、持続可能な循環型社会の実現、そして未来に貢献していくことを宣言します。

2020年2月1日 代表取締役 麝香敏信

株式会社エコマスクでは、以下の具体的な取り組みを通じて、SDGsの達成に向けて積極的に貢献していきます。

繰り返し活かす

株式会社エコマスクでは、土木事業、道路整備など、インフラの整備に大量に使用される砂利や建設資材を「限りある資源」と位置付け、建設工事・解体工事などで発生したコンクリートやアスファルト廃材を資源として再利用しています。 この再生された砕石や骨材は、地元・地域に再生資源として供給することで、自然環境負荷の低減、またCO2排出削減にも貢献しています。

持続可能なまちづくりで未来を創る

激甚な気象現象・気候の変動、また人為的な環境災害など、地球環境問題への対策が求められるなか、国際標準化機構の品質マネジメント(ISO9001)、環境マネジメント(ISO14001)の運用を通して、環境の側面や影響を抽出し、社会課題である温暖化対策(CO2排出量の軽減)、電気や水の消費量軽減など事業活動全般に渡り、環境問題改善に向けた取組みを行っています。

男女がともに幸せに・働きやすい環境づくり

「かがやき健康企業・いしかわ健康経営宣言企業」として、社員の健康診断100%、人間ドッグの補助やストレスチェックなど、従業員が健康で元気に働ける職場づくりに取り組んでいます。また「男女共同参画・女性活躍推進企業」として、社会的に男女が平等であり、働きやすい環境を作るために、資格取得の補助・育児休暇取得制度・ワークライフバランス推進などの取組みを行っています。

地球の暮らしを支え、地元を守る、環境の整備を

毎日、周辺道路を見回り、道路美化の維持に努め、偶数月の第一金曜日には周辺企業と合同して県道・市道の清掃・ゴミ拾いを行っています。積雪時には近隣地域の除雪作業、災害発生時には災害地域での復旧活動も行っております。地域の「子供たちを交通事故から守りたい」という想いから、近隣の小学校や保育園の側に安全看板を設置し、子供の学習環境の確保・生活支援のために「子供の未来応援基金」にも参加しています。